2018年12月16日 (日)

なぜ日本では暴動が起きないのか?

詳しいニュースを見ていないのですが、フランスではようやく激しい反政府デモが落ち着いてきた様です。
フランス政府側は、きっかけとなった燃料増税の延期を発表して落ち着いてきた様です。
市民の活動が政府を動かす様子は、さすが「革命」の国フランスと思います。

別に暴動を望んでいるわけではないのですが、現在の日本でも、
・改正水道法によるコンセッション方式の導入
・出入国管理法改正
・沖縄 辺野古の埋め立ての強行
など、反政府デモが起こってもおかしくない状況だと思います。

日本でも、古くは年貢に不満を持った百姓一揆や大正の米騒動、近年では安保闘争など日本でも激しいデモがありましたが、現在の政府の横暴に対して発生してもおかしくないと考えてしまいます。

繰り返しますが、過激なデモを望んでいるわけではないのですが、民意が政府を動かすほどの力がないのが悲しいことだと思います。

多分、政治に無関心だったり、自分の生活を維持すのが精一杯だったりしてそこまでのエネルギーが出ないのかもしれません。
しかし、ハロウィンのくだらない騒ぎを起こすくらいなら、自分の生活を少しでも良くするために、活動できないものかと考えてしまいます。

吾唯「不足」知:民意を広める影響力

2018年12月 6日 (木)

個人間取引(CtoC)の功罪

ネット・オークションやフリマなどの中古品売買の分野が世間で定着して、今までになかった市場が広がってきましたが、実際に自分で関わってみると色々と問題点も多い様です。

ニュースなどで騒がれている、詐欺や違法商品などの大きな問題だけでなく、モラルなどの面でも問題がある様に思います。

ごく一部の方だけだと思いますが、基本的な知識がないせいなのかもしれませんがフリマなどの中古品売買は、売り手と買い手の間で合意のもと取引がされ、販売サイトはあくまでも仲介しているだけに過ぎません。

なので、不良品などのトラブルがあっても基本的には、当事者官で解決しなくてはならないし、運営者は解決の仲介をするだけです。
ましてや、不良品が届いたからといって、商品のメーカに問い合わせるのは筋違いです。

こういった個人間の取引のリスクを考えずに取引される方が意外と多いです。

個人間の取引が一般的になってきたからこそ、もっとガイドラインや手引きなどを周知していく必要があると思いました。

吾唯「不足」知:無知な顧客に対する説明力

2018年12月 3日 (月)

加速する時間

日々思うことがあってブログを書こうと思っていても時間がたつのが早く、間隔があいてしまいます。

私もそこそこの年齢なので、年長者の言う「一年なんてあっという間だよ」という域に入ってしまっているのかもしれません。

最近知ったのですが、こういった年齢によって異なる時間感覚の差を「ジャネーの法則」と言うそうです。
短く書くと「生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する」そうで、例えば、
20歳の人間にとっての一年は、生涯の20分の1の時間
40歳の人間にとっての一年は、生涯の40分の1の時間
になるので、40歳の人間は20歳の人間に比べて時間が2倍短く感じるとのことです。

あまり自分の時間が取れない私にとって、あまり嬉しくない事なのですが、それだけ年を取ってしまったのかもしれません。

ですが、脳が活性化している状態を保つと逆に時間を遅く感じるように出来るそうです。
例えば、新しい業務を任されたり生活環境が変わったりなど、新しい情報による刺激を受けていると、思い返した時に以外と短い期間だったりするそうです。

今年の残りも1ヶ月となりましたが、時間を大切にして、なるべく新しい事に目を向けていくようにしたいと思います。

吾唯「不足」知:効率の良い時間の使い方と新しいことへの挑戦

2018年11月 7日 (水)

社会との繋がり

ここ最近、色々とあって本業が忙しく、1日の半分以上は会社にいます。
仕事の大半は、黙々と作業をしているのですが、ほぼ一人で作業しているため、孤独感に苛まれます。

そんな時にラジオを聴きながら作業をしているのですが、ふと社会との繋がりは、このラジオだけなのではないかと思ってしまいます。

もちろん、会社でも上司と会話もしますし、家に帰れば家内とも話をしますが、非常に狭い世界の中での生活だと感じます。

そんな中でも、ラジオでは生放送していることが多いので、何が流行っている事や話題となっている事などを知ることができ、多少なりとも社会との繋がりを感じることができます。

休日にでも、外出をすれば良いのかもしれませんが、仕事の疲れなどで外に出る気力が湧かないので、割と手軽に世間を感じることができるラジオに依存しつつあります。

もっと、自主的に社会との繋がりを持てるような状況になれば、良いのかもしれませんが。

吾唯「不足」知:自発的な社会との繋がり

2018年10月23日 (火)

季節の変わり目には.....

季節の変わり目には、精神的に疲れてしまうのか通勤電車での人身事故が増えるような気がします。

不謹慎ですが、以前は通勤途中で人身事故で電車が止まると「なぜ今?」と思ってしまっていたのですが、ここ最近は、「楽になれるのかなぁ」などと考えてしまいます。

私自身も精神的にも疲れていることもあるかと思いますが、現実逃避することばかり考えているせいか、よくない方向に考えが寄ってしまいます。

吾唯「不足」知:強い精神力

2018年10月22日 (月)

ただ生きる.....

日々の仕事にやりがいやほこりを持っているわけでなく、生活の糧を得るためだけに仕事しています。
しかし、淡々と仕事できるわけでなく、一日の半分の時間を会社に居る上に、常識の欠落した客が来たりすると、ストレスもかなりたまります。
私だけではないと思いますが、こういった状態を耐えていてるのに、報われない思いが心の底に蓄積していきます。
自分は、なぜこうして働き、生きているのだろうかと考えてしまいます。
先日も書きましたが、自分の存在が消えてしまうことが怖いので、「ただ生きている」だけなのかもしれませんが。
吾唯「不足」知:働くことに対する意欲ややりがい

2018年10月21日 (日)

存在意義

ある程度年齢を重ねてくると、様々な責任や悩みを背負ってきます。
ある程度までは、仕方ないと思うのですが、基本がネガティブな人間なので、常に頭のどこかで思い悩み、ストレスになっています。

最近では、自分の存在意義に疑問を感じてしまっています。
しかし、自死するほど勇気もなく、漫然と生きている感じです。

結局、現実逃避してしまっているのですが、気がつけば鬱々としています。

他のこと忘れるほど没頭できる何かを見つけるとか、使命感をもって行動する何かがあれば、少しはちがうのかもしれませんが。

吾唯「不足」知:具体的に欠けない何か

2018年10月16日 (火)

表現の違いによる数字の魔法

先日、政府から1年後の消費税増税を実施すると表明があり、低減税率の品目など様々な議論や話題が活発に行われていますが、私個人としては、すでに法律で明記されていることなので、仕方ないと諦めています。

ですが、テレビや新聞などのマスコミでは、「今更何を?」的な記事が多く、実施されるとどれほどの影響が出るのかわかりやすく伝えていないのではないかと思っています。

2017年度(平成29年度)の消費税の税収は、約17兆1,380億円と言われていますので、同じ経済活動が行われたと仮定すると、20兆円を超える計算になります。

また払う側からすると、表現として8%から10%への増税、つまり2%増税といった表現が多いのですが、実際には、100円の消費に対して8円で済んでいた税金が10円になり、25%増税となります。

例えば、25万円の手取りの人は、
今までは、約231,482円使えて、18,518円の税金を払っていたのが、
増税後は、約227,273円使えて、22,727円の税金を払うことになり、
約4,200円程使える金額が減ることになります。

当然、理解している方も多いので、影響の大きさを踏まえた上で、なぜ今表明するのかといった事をおっしゃっている方もいらっしゃるのですが、もっと数字の表現などを考えて、どれだけ生活に影響するのかを考えた表現をしても良いのではないかと思います。

吾唯「不足」知:表現に惑わされない理解力

2018年9月30日 (日)

心のバランス

先ほども投稿したが、今思っていることを投稿して、少しでも吐き出すことによって心の平静を保とうと思っています。

私の場合、バランスを乱すきっかけは様々ですが、原因として、自分、他人、環境とあって、自分が原因の場合、次に同じことが起こらないように努力していくしかありません。

しかし、原因が他人だったり、環境(仕事や生活環境)だったりすると、受け止めて適応していくしかないのですが、受け止めきれなくなるとバランスを崩してしまいます。

冒頭でも書きましたが、兄に「今考えていることを何かに書き出すと少しは、楽になる」と言われたので、こうして投稿していますが、効果があるのか今ひとつわかりません。

この崩れたバランスをどうすれば早く復帰できるようになるのか、わからずにいて何か方法があれば試そうと思っています。


吾唯「不足」知:崩れたバランスの復帰方法

自分の存在意義

気候や日常の出来事、仕事の忙しさ等で精神的に不安定で、市販の向精神薬も効かず、鬱々としています。
こんな時期は、趣味や副業などする気になれず、経済的な不安や自分が生きている意味などが頭から離れなくなってしまいます。
尤も勇気がないので、自死まではいきませんが、消えてしまいたい感情も芽生えてしまいます。
また、あまり表には出さないようにしていますが、こう言った感情を抱えている自分をもう少し気遣いできないものなのかと、公私ともに接する人に苛立ちも抱えてしまいます。

こういった気持ちを文章にすることによって、少しでも早く復帰できるのでは思っていますが、結局は、環境と時間が解決するしかないのでしょう。
吾唯「不足」知:もう少し強い心

«秋めいてきて.....