« ものづくりへの意欲 | トップページ | 霜柱 »

2018年1月24日 (水)

入力(インプット)と出力(アウトプット)

作曲家、画家、小説家、漫画家、ゲームプロデューサーなど、様々な創作者の方が生み出したものによって豊かになっています。

でも、それは何もないところから生み出されて行くのでしょうか?

例えば物語を書く場合、表現力や語彙力はもちろん、恋愛小説なら心理的な内容、推理小説ならトリックのネタなど様々な知識を仕入れて行く必要があります。

理系な表現をすると入力(インプット)された情報を元に創作という名の変換を行い、作品という名の出力(アウトプット)が出来上がるわけです。

しかし、多忙な方になると知識を入力する余裕がないと思うのですが、それでも作品を出力し続ける方もいらっしゃいます。

このあたりが、非常に不思議で、どの様にしたら出力し続けられるのだろうと思います。

今書いているこの文章も、「なぜだろう」という疑問という情報を元に書いていますが、入力が足りない為か、まとまりのある文になっていません。

もっと少ない入力(情報や時間)で、まともな出力が出来たらいいなと思う毎日です。

吾唯「不足」知:創作能力

« ものづくりへの意欲 | トップページ | 霜柱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事